オンラインカジノ完全ガイド

Flat Bet Roulette System

フラットベット

平たく言うと、フラットベットとは延々とずっと同じ額を賭ける続けることを言います。これはゲームの進行状況によって賭け金を変える“プログレッシブベット”とは正反対のものです。プログレッシブベットでは配当率がよく変わるのに対して(とはいっても常にプレーヤーに有利に働くというわけではありません!)、フラットベットは常に一定の金額しか賭けませんので結果がある程度見込めます。ルーレットでは必ずと言っていいほどハウスエッジがあります。そのためフラットベットは長い間プレーしていると必然的に負け越してしまいます。フラットベットを薦める人と言うのは普通、長時間プレーしてお金を稼ごうなんて思っていません。そういう人たちがフラットベットはプログレッシブベットで賭けるよりも失うお金が少ないという事を言いたいからです。それにフラットベットでは賭け金が常に一定なため、プレーの戦略に集中しなくても、プレーそのものを楽しむ事ができます。

 

エッジ(控除率)

カジノでルーレットテーブルに座った瞬間、あなたはカジノに対して手数料をはらっているのと同じことになります。元来カジノは赤黒賭けのような勝率50/50の賭けに寛容でした。これはたとえば、赤か黒かどちらかにお金をかけたとすると50%の確率で勝てるかもしれないし負けるかもしれないという事です。しかしカジノ側は神経質なプレーヤー達が50/50にばかりで賭けて、お金を全く失ってないことに素早く気づきました。つまり、タダでプレーヤーを楽しませていたのと同じことです。このことがカジノ側にはヒントとなり、これまでの赤と黒のルーレット盤に緑の0を加えるようになったのです。この突然加えられた緑の0は2.7%の控除率をプレーヤーに課し、その後永遠にカジノ側に有利なゲーム運びをするものになるのでした。アメリカのカジノではさらに緑の“00”を加え控除率も元来のおよそ2倍である5.26%にまでなりました!

 

中には“控除率なし”を謳うオンラインカジノルールに基づいたルーレットもあります。しかしながら一般的に、ルーレットをプレーする人たちはカジノ側が2.7%、もしくは5.26%のエッジを持っていくと言うことを分かっています。(エッジの率はルーレットテーブルがヨーロッパ式のものなのか、アメリカ式のものなのかによります。)フラットベットは基本的にゲームのオッズによって支配されているため、最終的には負け越すことになります。http://roulette sites japan.com/ ここではフラットベットで勝てるかどうかという事を聞きたいわけはないのですが(実際勝てません!)、プログレッシブベットでプレーした場合、フラットベットの時よりもより多くのお金を失うことになるのでしょうか?

 

フラットベットvsプログレッシブベット

スタンダードなフラットベットでいくらの利益が出たかを計算するのは簡単です。ここでは例として常に1ポンドを赤に賭けるとしておきます。ヨーロッパ式のテーブルでは37個の数字が使われます。そのうち18個は“赤”で勝率は48.65%です。という事はここの例では51.35%の確率で負けるという事です。この51.35%のうち、黒の目が出る確率は48.65%で残りの2.7%は緑の目が出る確率です。この2.7%はカジノのものです。もし、10万回ルーレットでプレーするとして、毎回1ポンドを“赤”に賭けるとすると、オッズの計算上では赤が勝ったら48,650ポンド得ることになります。しかし不幸なことに、黒と緑が勝った場合、合計で51,350ポンド失うことになるのです。つまり、2,700ポンドの損失になります。これは痛手ですね、しかしこれだけ回してこの程度の損失なら、回復できないほどの損失ではありません。http;// roulettejapan.net/ アメリカ式のテーブルではこの倍近くは軽く失うことになるでしょう。アメリカ式では赤の勝つ確率が47.37%で47,370ポンド得たとしても負けが52,630ポンドで5,260ポンドの損失となります。

 

 

ここで問題となるのが、プログレッシブベットはフラットベットより勝っているのか?という事です。すべてのプログレッシブベットで有名なベッティングシステムと言えば、マーチンゲール法でしょう。このとてもシンプルな戦略は、ルーレットで勝つまで毎回賭け金を2倍ずつ上げていくというものであります。(勝ちが出た場合、掛け金を最初の額に戻して、再び勝つまで同じように繰り返します。)この戦略はシンプルで実践しやすく、最初は勝っているように見えてしまうため非常に人気がありますが、長いことプレーしていると負け続ける可能性も出てきます。その場合、マーチンゲール法はとてもたちの悪い戦略に見えてきます。たとえば元々の賭け金が1ポンドだった場合、7回連続で負けたら、8回目のスピンの時は128ポンド賭けなければなりません。(これはもちろんあなたが8回目のスピンで勝つことと、あなたがお金を取り返したいという前提のお話です。)このようなことが起こるわけがないとお考えかもしれませんが、プレーしている限り7回連続で負ける確率は128回に1回起こり得るのです。また13回連続で負けるなんてありえないと思われがちですが実は8,192回に1回起こり得るのです。なので、もし13回連続で負けるようなことが起こったら、14回目のスピンで勝つと期待して、8,192ポンドも賭けなければ損失を取り返すことはできません。たとえそのような大金を持ち合わせていたとしても、(これまでのスピンで失った損失も含め実際のリスクは損失の2倍の額になります)1ポンドから賭け始めて賭け金が8,192ポンドになるまでずっとプレーさせるカジノなんてどこにもありません!

 

あなたに無限の資金があって、理解あるカジノ側はベットの上限を設定せずにプレーさせてくれ、自身の残高を気にせずに機械的にどんどん賭けをすることができるのなら、マーチンゲール法で負けることはまずないでしょう。そうではない私たち一般人は損失を減らし、ある程度の期間プレーし続けたら一度リセットし、大きい額のベットは避けなければなりません。その時すでにオッズはかなり高いものになっているでしょう。たとえば、10回負けたらとか、10万回スピンしたらと言った上限を設定しても定期的に1万ポンドまたはそれ以上の損失が出ることがあります。どんな上限を設定したところで同じです。言い換えればフラットベットで失った2,700ポンドに比べ、マーチンゲール法で出た損失はかなり大きなものと言えるでしょう

 

 

しかし、マーチンゲール法が唯一のプログレッシブベットと言うわけではありません。ラブシェール法と言うより緩やかな戦略もあります。しかし、この方法でも、間違った方向へ行けば取り返しのつかない損失を生み出すこともあります。この戦略は損失がそれほど大きくなくても豊富な資金が必要です。ラブシェール法で長時間プレーすると採算が取れない(金銭感覚がないわけではない)戦略で、結局フラットベットよりもかなり大きな損害を被ることになるでしょう。時にはフィボナッチベッティング法やオスカーズグラインド法が似ていると言われることもありますがその二つがフラットベットと同等の戦略だと証明されたことはありません。一番良いのはダランベール法でそれはいくつかの状況下ではフラットベットより多くの利益を得たことがあります。(まぁ、まだハウスエッジの問題は解決されていませんが。)結局、フラットベットが一番利益を上げることができ簡単に実践できるという事です;

 

プログレッシブベットは悪い結果を引き起こしているようです。掛け金を増やすことはカジノ側によって課された不利益を埋め合わせるのには十分でありません。それどころかゲームで負けが続くたびに賭け金の額を増やすのはさらなる損失を引き起こすことになります。もし、損失を抑えようとすると、その結果は得てしていつも勝つ確率を低くするものであります。プログレッシブベット対トフラットベットの事となると、フラットベットは何度も何度も勝つことができます、何故ならフラットベットはハウスエッジの割合をこれ以上悪化させることはないからです、

 

 

フラットベットの長所

では本当にフラットベットでプレーするのが良いのでしょうか?率直に言って、答えは“イエス”です。ルーレットを始めたばかりの初心者なら尚更、フラットベットでプレーするべきです。しばらくプレーを続けていると、負け越すこともありますがオッズが高くない分、最終的に利益を得ることができるのです。フラットベットは大金を賭けることもなく、自分に合った金額をかければよいので神経を使うこともありません。また毎回同じ額を賭ければよいのでプレッシャーを感じることもありません。

 

もちろん、最初に自分に見合った賭け金を設定することが大切です。もし軍資金の5%を賭けると、大勝をするかもしくは大損をするときが来ます。それでもたった数分の間にアドレナリンの刺激を求めるのなら、5%のベットも悪くないかもしれません。しかし普通は軍資金の1%か2%からはじめて、ルールを学んだり機械に慣れたりするのが普通です。もちろんこの方法の方がおススメです。

 

フラットベット法(と言ってもこれはルーレットの攻略法ではありませんが)は、決まった戦術がないので簡単に実践できます。これはルーレットを始めた人たちにとっては大きなメリットであります。確かに中には戦術を駆使してプレーするのが好きな人もいます。マーチンゲール 法は単調でかなり退屈な戦術でありますが、ラブシェール法は自分で決めた数字を使って勝つたびにその数字を消していったり、フィボナッチ数列を使うと賭け金をある法則に則って増やしたり減らしたりしてそれなりの刺激もあるのですが、そうでなければかなり退屈なゲームであります。

 

フラットベット法の最大のメリットは単純に勝ち負けが現実的であるという事です。プログレッシブベット法では長時間プレーすれば勝ち越せるのではないかと言う望みを持ってしまうのです。しかし現実、カジノは元々お客様よりも有利につくられているため、そうはいきません。さらに悪いことに、大きな利益を得るために攻略法をよく研究して大金を賭けると、最終的にすべてのお金を失う事にもなりかねません。また、“負け知らず”のままプログレッシブベットでプレーをし続けると変な自信がついて、気が付かないうちに自分の銀行口座を空にしてしまうこともあるかもしれません。フラットベ ットは長時間プレーしても利益を得ることは難く、ネガティブな印象を与えるかもしれません。しかし2.7%のハウスエッジも一晩楽しむための手数料と考えれば、フラットベットはほかの攻略法の様に、楽しくて価値があるものだと言えるでしょう。

 

 

フラットベット法の長所

実践しやすい

ベットの額を考えなくてよいのでストレスが少ない。

大負けすることはない

間違いなく一番安くプレーできる

 

フラットベット法の短所

長時間プレーすると負け越す。それだけの事であるが、そのことは決まっている。

ストレスがかからないものの、プレーヤーの中にはルールに従ってプレーする戦略を好む人もいる

 

お客様の声

このサイトに寄せられたお客様の声

ある日、代わり映えのない人生に嫌気がさし「何か新しいことを始めたい」と友人に相談したところこのEMANIAカジノを勧められました。それまでは「ギャンブルなんてくだらない」と決めつけていましたがこのサイトのおかげで目が覚めました!こんなにも興奮の出来る世界があったなんて!今となっては朝起きたらまずパソコンを立ち上げスロットでその日の運勢を占ってから出勤するほど嵌っています。私生活が充実している分仕事にも集中出来るようになり成績も絶好調です!管理人さん、これからも役に立つ記事をよろしくお願いします!!
By
Shouta Kawaguchi
会社員

お客様の声

EMANIAカジノにはいつもお世話になっています。普通にプレイしているだけでは気付なかったようなこともこのサイトで知ることが出来ました。シンプルで分かり易い解説にはいつも感心させられます。このサイトを知らずにオンラインカジノを手探りで遊んでいた過去の自分になんて無駄な時間を過ごしていたんだと説教してやりたい気分です。
By
Kazu Hatashima
人事